石巻うまいものとは

 

 

 日本中に、世界中に石巻の味を知って頂き、食べて頂き、喜んで頂きたい。
石巻で食に携わる十社が立ち上げた
「石巻うまいもの株式会社」

ヤマトミ、山徳平塚水産、湊水産、水月堂物産、
丸平かつおぶし、末永海産、カクト鈴木商店、MCF、
田伝むし、富士國物産

東日本大震災をきっかけに、手を取り合い、動き出したつくり手たち。

震災前はいわばライバルだった同業者らが集い、スクラムを組むこと。
戸惑いや摩擦もあった。
同業者の初の共同作業は、震災直後の漁港の後片づけだった。腐った魚や加工品など廃棄量は約5万トン。
「会社単位では到底処理できない量。否が応にも協力し合わなければならなかった」。
はじまりは、とても悲しいきっかけだったかもしれない。
それでも2013年に「石巻うまいもの発信協議会」を立ち上げ、コラボ商品を開発したり、
イベントを共に開いたりしながら、石巻の新しい「うまいもの」作りに挑んだ。熱意はやがて、
うまいもの株式会社の設立につながった。
「各社の得意分野を生かし、チームで挑もう」

ともに前を向く仲間と歩みを進める。

本物を知る目利き=「プロフェッショナル」たちが
五感で納得し、自信をもっておすすめできるものだけをお届けする。
それが石巻うまいもの株式会社です。

PAGE TOP